忍者ブログ 下半身やせ
[28] [29] [26] [30] [27] [25] [16] [20] [18]

DATE : 2017/09/20 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2011/04/29 (Fri)
ダイエットを考えている人々の中によくある疑問に「上半身に比べ下半身が太っている」、「下半身ばかりが太っていてズボンが履きたくない」、「下半身が太っていてズボンにシャツを入れられない」→「どうしたら下半身痩せができますか」というものがあります。
この疑問をもつ人はほとんど100%が女性であると言われています。
しかし「下半身太り」というのは本当の事なのでしょうか。

女性の多くが、自分の事を下半身が太っていると思いがちです。
しかし周りの人はそれについてどう思っているのでしょうか。
逆に自分が周りの人を見た場合下半身が太っている人はそんなに多いでしょうか。
それ以上に自分が太っていると思い込んでいる人が多いのではないかとも思われます。

しかし上半身より下半身のほうが太りやすい要因は確かにあるそうです。
下半身に比べ、上半身の方がよく体を動かすという事がまずあります。
体の中でまず一番動かしているのは「まぶた」、次に「指」、そして「肘」、「手首」と続きます。
優先順位から考えると上半身を間違いなく動かしている事がよく分かります。
理由は座っていても寝ていても動かせるからです。

もう1つ理由があります。
日常生活の中で、上半身と言うのは案外ストレッチ系の動きをしている事です。
これに比べて一定の動きしかしないのが下半身です。
例えば、座る、歩く、眠る、あまりバラエティーに富んだ動きは期待できません。

自分の気になるお肉が下半身のどの辺りについているかよく見てみると、たいていお尻から太ももの後ろにかけてや、ふくらはぎの内側などではないでしょうか。
逆に日常で良く使う太ももの前面などは筋肉のキレが目立ったりするほど脂肪はついていないのではないかと思います。
そしてたまに運動をすると、このお肉のついている周りの筋肉が筋肉痛になるのではないでしょうか。
それだけ日常生活でこの部分を動かしていないといえるのです。

それではどうしても下半身の太さが気になる方はどの様な事をすればいいのでしょうか。
日常的に動かさないなら、時間を作って動かしてあげれば良い事が分かります。
なんと言っても、筋肉が完全に伸びた状態から筋肉がこれ以上収縮できないという範囲で脚をうごかすエクササイズをすることです。

やはり部分的な引き締めにはエクササイズが最適なようです。
PR
忍者ブログ [PR]